ブログの良さは「本当の絶望」に出会えること。何者でもない人が書いているから【インテリ理屈ラジオ24】

・ブログの良さは、「本当の絶望」に出会えること。何者でもない哀れな人が書いた絶望は、文学に他ならない。
・「おいしいイシダイの見分け方」みたいなノウハウ、確実に人生で一回も使わないけどもっと聞きたい
・ティッシュ配りのゲーム理論。自分が監視の一番上だと思うと人はサボってしまう。

日本で100人しかやってないマイナーな遊びが超おもしろい【インテリ理屈ラジオ23後半】

・分類学フェチなので、おかしな分類が正しく直されることに快感を覚える。「楽器分類学」のウィキペディアが刺さりすぎてヤバい。
・「気づいてないワーキングプア」はめっちゃ幸せ。年金とか払わなくていいし、お金に不自由してないし。
・「カヌーツーリング」というマイナーな遊び、日本で100人とかしかやってないのにめっちゃおもろい。

進化論的には早漏の方が有利。でもあえぎ声は出る矛盾【インテリ理屈ラジオ22後半】

・進化論的には早漏の方がエラいのに、なぜ女性はあえぎ声を出すのか
・脳科学的に、男性は男性器に興奮しているらしい。自然界にない”断面図”の価値について
・ハンバーグは、「難易度を誤解されている食べ物」なのではないかという仮説

「川に飛び込む人」の思考回路はどうなってるのか【インテリ理屈ラジオ22前半】

・あいまいキャリアの先輩は大事。先輩が35で楽しくなくなってたら35までに就職しよう
・「麦飯で鯉を釣る」っていう日本語必要ねえだろ!と怒ったけど、ラジオで話したらすぐベストアンサーが出た。
・川に飛び込む人の幸せ。「先のことを考えないようにする」という特殊能力の正体。

おしっこ我慢しすぎて死んだ偉人は、ある意味必然【インテリ理屈ラジオ21】

・落合陽一さんの本に「レーゾンデートル」っていう言葉が自然に出てくるの面白い。
・野外のテントサウナ+川を水風呂として使うの最高だった。
・「丁寧な暮らし」は”マルシェ派”と”川派”に分かれる。合同イベントなのに大いなる断絶があった。

月100万稼いでるという嘘つき高校生に説教した【インテリ理屈ラジオ20】

今回の主なテーマは「”月100万稼いでる”という嘘つき高校生を教育したら結局不愉快になって終わった」、「キンコン西野さん、【30万もらって講演会やってない】のに感謝されるという奇跡」、「クラウドファンディング、お金出した人はほとんどリターンを使わないので、ビジネスとしてすごい」あたり